理学療法士を目指すなら必要な学費を知っておこう

女性

医療現場の専門事務職

医師事務作業補助は、診断書の作成やカルテの整備など、医師が行う各種の事務仕事を補佐する職種です。公的な資格はありませんが、複数の民間団体が独自の資格認定を行っています。受験資格にはおおむね実務経験を有しているか専修学校等で教育を受けているかのいずれかが必要とされています。

マッサージ

美容と健康に役立つ技術

フランスで誕生したリンパマッサージというテクニックは、日本でも知られるようになってきました。近年は需要度が高まってきたこともあり、スクールが開校され資格の取得ができるようになったのです。美容と健康に役立つテクニックなので、エステサロンなどで働くのなら需要度が高い資格になります。

自分に合った進学先を

男女

総合的な費用を調べる

リハビリの専門家である理学療法士になるためには国家資格を取得する必要がありますが、理学療法士になるための進学先には様々な選択肢があります。大きく分けると専門学校に通う方法と大学に通う方法がありますが、専門学校にも3年制の専門学校と4年制の専門学校があります。出来る限り学費を抑えて理学療法士を目指すには専門学校に通うのが良いと考える人も少なくありませんが、必ずしもそういうわけではありません。通う期間だけを考えた場合は3年制の専門学校が一番短いために学費も安いようなイメージがありますが、実は必ずしもそういうわけではないのです。場合によっては3年制の専門学校よりも4年制の専門学校の方が学費が安いという場合もあるので、専門学校の資料をよく調べることが大切です。また、理学療法士になるための専門学校選びでは学費ばかりに注目せずに他の費用についても調べておくことが大切です。専門学校に通うとなると学費以外にも入学金や教科書代など何かとお金がかかることがあります。その中でも大きな割合を占めているのが実習費です。理学療法士になるためには実際に現場で実習を行う必要があるのですが、この実習先が近くにあるとは限らないのです。遠方にある場合には実習費地は別に更に滞在費なども必要になってしまいますので、学費だけ見れば安く思えた専門学校でも実際にはかなりの費用がかかってしまうこともあるのです。学費が安いからといってすぐに決めるのではなく、総合的な費用をしっかりと調べることが大切なのです。

医者

放射線技師になるための道

医療現場で求められる放射線技師になるには、国家試験を受験して受かる必要があります。しかし、その前の段階で国家試験の受験資格を得るために、放射線技師の養成課程のある学校でさまざまな専門的なことを学ぶ必要があります。