理学療法士を目指すなら必要な学費を知っておこう

医療現場の専門事務職

女性

医師をサポートし負担軽減

数ある医療関連資格の中でも、近年になって急激に注目度が増すようになってきたのが医師事務作業補助です。医師事務とは、病院に勤務する医師や開業医などが行う事務仕事のことをいいます。その内容は多岐にわたりますが、主なところでは診断書や紹介状などの文書作成、診療記録(カルテ)の整備、学会発表や行政対応のための資料のとりまとめなどが挙げられます。医師事務作業補助者は、これらの医師事務を補佐したり、代行したりする職種です。診察や治療など、本来業務に医師が専念できる体制を構築することを主な目的として設けられ、2008年からは診療報酬の算定対象になったことから、急速に需要が拡大しています。そのため、就職に有利な資格として人気が上昇しているのです。医師事務作業補助に関する資格はすべて民間資格で、医療秘書やメディカルクラークなど名称もさまざまです。国家資格は存在せず、そのため資格がなければ絶対に就けない職業というわけではありません。ただ、言うまでもないことですが、医師事務作業補助の仕内容は非常に専門性の高いものです。医学や薬学はもとより、医療保険制度等に関する幅広い知識が必要となります。また、多くの医療現場ではIT化が進んでいるため、電子カルテの操作などにも習熟する必要があります。関連資格を取得しておけば、こうした専門知識や技能の持ち主であることをアピールできます。資格の取得基準はそれぞれの認定団体ごとに異なりますが、多くの場合実務経験か医療事務に係る教育を受けているかのいずれかが受験資格として求められています。教育を受ける機会は専修学校や通信講座などで得られます。