理学療法士を習うために必要な学費を知っておこう

放射線技師になるための道

医者

養成学校で学んで

国家資格でもある放射線技師になるには国家試験をパスすることで、厚生労働大臣から免許を与えられます。そして、晴れて放射線技師になることができるのです。しかしながら国家試験を受験するためには、放射線技師養成課程のある学校を卒業する必要があります。基本的に三年以上養成学校で学ぶことで、いろいろな専門的な知識や技術を身に着けます。それゆえに放射線技師になるには、単に国家試験を受験して合格すれば良いというわけではありません。このように国家試験を受ける前の段階でも、それなりのルールがあります。ちなみに養成課程のある学校の種類としては、四年制の大学が多い傾向にありますあります。しかし、中には短大や専門学校などもあるのです。また、専門学校の場合は全日制だけでなく定時制の学校も存在しています。そんな学校で学ぶおもな科目としては、解剖学や病理学などの医療分野での科目となっています。他にも、電気工学や放射線物理学などの理工学分野の科目があります。とくにメインとなる科目としては、放射線治療技術学や診療画像技術学、核医学検査技術学といった科目です。また放射線技師になるにはこういった知識はもちろんですが、それ以上に技術が重要視される傾向にあるため、全体的に実習や実務が多いとされています。最初は一般的なX線撮影法から開始されますが、慣れてきたところでMRIやCT検査法へ移行します。そして、経験を積んだところで放射線治療やPETなどの治療計画に関わる専門実習も実施するようになります。もちろんこういった実習の間にレポート提出や単位取得なども実施するためになかなか忙しいです。しかし、こうすることで専門的な知識や技術がしっかり身につくため、国家試験をクリアするためにも効果的です。ゆえに放射線技師になるにはまずは養成学校を卒業し、放射線技師に必要とされる能力を学んだ上で、国家試験に挑むといった流れが基本となります。